NISAはいいきっかけになりました

NISAは使い勝手が悪いとか言う人が多いですが、個人的にNISAはいい制度なのではないかな?って思ったりします。

NISAだけではどうしようもないですけどね。

私はNISAのおかげで投資という世界を知ることができましたし、100万円を貯めることができました。

100万円の資産では大したことはできないって言う人がいるかもしれませんが、まずは100万円でこれからそこからいくらかの不労所得が入ってくるわけです。

ほったらかしにしていても、企業がつぶれない限りは労働をしなくてもお金が入ってくるわけですからすごいことですよね。

これから、資金が入ってくれば色々できることが企業にも個人にも生まれるんじゃないかなって思います。

別に雑誌で特集されているような人たちみたいなことをしたいわけではないので、NISAでコツコツ資産を作ることができればいいかなって思います。

1億あれば幸せになるってわけでもないようですしね。

NISAぐらいの少額な方が、損も少なくすむから長期的な観点からいえばお得なのではないかなって思ったりします。

NISAの特徴は、運用した資産の値上がり益や配当、分配金などが5年間非課税になることです。
このメリットを最大限活かすことが、NISAのかしこい利用法になります。

NISAを使える限度は、最大で年間100万円です。5年分利用したら、同時に500万円までNISAで運用できます。
資産の総額が500万円以下なら、NISAをそのまま使って良いと思われます。資産が500万円以上ある場合は、NISAで運用するのが最適な資産をNISA口座の中で購入しましょう。

基本的には、非課税のメリットが最大になるような、期待リターンの高い資産をNISAに割り当てます。
実際には、将来どのような資産が高いリターンとなるのか、予測はなかなか難しいです。

ただ過去のデータでは、長期では株式がいちばん高いリターンが得られているので、株式の投資信託が最初の選択肢です。
自信があれば、個別の株式銘柄を選んで投資しても良いでしょう。

あまり自信がなければ、手数料と運用管理費用の安い、インデックス運用の株式投資信託にします。

投資が初めての人なら、コストの低いバランス型投資信託を、積立で購入していくのもおすすめです。

なお、NISA口座を開設するときは、はじめに金融機関を選ぶことになります。
金融機関ごとに扱っている商品(投資信託の種類など)が異なります。

銀行では株式は扱っていないので、株式に関心があれば証券会社にします。

手数料やサービスなどに大きな差があるので、先に金融機関同士を比較して、いちばん気に入った金融機関で口座を開設することが大切です。

私の場合は投資信託の積み立てを3年程前から行っているのでそれにNISA口座を開設することにしました。

私の場合はセゾンという直販の投資信託を行っていて、これまでは月々1万円の積み立てを行っていました。

そしてNISA口座を作り1年が経過した時点で利益を確定し3年で約11万円程の利益を得たのです。

2014年に関しては多分5万円程の利益で通常なら1万に対して2千円5万円なら1万円近くは税金として引かれてしまいますがNISA口座なので1万円得した形になります。

よく考えたら5年間有効なのですから、5年目で利益確定したほうが複利で利益が大きく出たとあとから反省しあとの4年はまとめて利益確定を行うことにしました。

それとこれまで月に1万円だったのを、この4年間だけは少し増やしていきたいと思っています。

その方が利益が大きくなりNISA口座をより活用することが出来ると考えたからです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です